読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルムの森だより

北海道大学教職員組合執行委員会ブログ

日本学術会議,原発から出る「核のごみ」の最終処分に関する検討委員会

北海道新聞
ホーム>http://www.hokkaido-np.co.jp/

「核のごみ」処分、年内に提言も 学術会議、「暫定保管」報告基に
(08/13 20:45)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/556735.html
▼全文転載

 日本学術会議は13日、原発から出る「核のごみ」の最終処分に関する検討委員会を開いた。取り出し可能な場所での「暫定保管」の課題を整理した二つの分科会の報告書案を基に、早ければ年内にも国への新たな提言をまとめる方針を確認した。

 最終処分場が決まらない問題で、今田委員長(東工大名誉教授)は国民的議論の喚起を期待。「一般の人が理解できる形」を強調。

 報告書案は、新たに生じる高レベル放射性廃棄物への対策を明確にしないままの原発再稼働や新増設は「将来世代への無責任を意味し、容認できない」と指摘。暫定保管の保管施設は電力各社の管内での建設が望ましいとしている。