読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルムの森だより

北海道大学教職員組合執行委員会ブログ

3月は記事をアップしませんでした

3月は,大学の研究者にとって大切な月です

いそがしさのあまりに,記事のアップをさぼってしまいました

 

3月は,学会の時期であり,また,1年の研究のまとめをする時期でも

あります

大学の先生は学生に講義をすれば良いと言うものではなく

自分と大学院生との研究や,国内外の研究者との共同研究などが

あります

個人の研究は,研究者としての存在を問われるものとして

多くの大学の教員が真剣に取り組んでいます

ことしは,特に学会で特別セッションを企画して

その基調講演をさせていただくなど,

大変充実した月でした

おかげで科研費申請も採択されたようです

 

さて,この競争的資金ですが

芽がでた研究につきます

審査員が実績を重視するのは当然のことですから

自分で芽を出すような研究は,芽が出るまでは

経常的な研究費で研究を続けることになります

ノーベル賞を授与された白川さんも

2014年11月14日の朝日新聞デジタル

この経常研究費の大切さを,自分の研究を例に

述べています

今政府は,大学の機能強化をうたって

経常研究費をどんどんけずって

プロジェクト的な研究費を増やしています

学術の基礎体力を削るような,

愚かな行為でしょう