読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルムの森だより

北海道大学教職員組合執行委員会ブログ

国立大学における国旗掲揚・国歌斉唱に関する文部科学省からの要請の撤回を

以下の情報が寄せられました

-----------------------------------------------------

文科省が国立大学に国旗掲揚・国歌斉唱の圧力をかけている事案に
たいして「学問の自由を考える会」が発足しています。
知人に教えられた署名運動で、すでにご承知の方も多いと思いますが、
よろしければ署名にご協力くださいますと幸いです。
よろしくお願い申しあげます。
 
*********** 以下のメールは転送自由です *************
みなさま

声明への賛同署名募集の呼びかけ(このメールは転送自由です。ぜひお知り合いに御転送下さい)

国立大学における国旗掲揚・国歌斉唱に関する文部科学省からの要請を撤回するよう求める声明の賛同者を募っています!

 私は「学問の自由を考える会」代表の広田照幸日本大学・教育学)です。
 本年(2015年)4月9日の参議院予算委員会における安倍晋三首相の答弁を機に、文部科学省は、国立大学に対して、入学式等で国旗掲揚と国歌斉唱を行うようはたらきかけるとされています。日本近代史において続出した言論抑圧の経験をふまえれば、このような動きは、

大学における学問の自由を大きく損なうことになりかねません。それは同時に、日本社会の思想の自由の大きな危機を生むものです。

 こうした危機感にもとづき、教育学者、憲法学者をはじめ、大学人および広汎な知識人が呼びかけ人となり、「学問の自由を考える会」を発足させ、文部科学省に、上記の「要請」を撤回するよう求める声明を発表しました。

 学問の自由を考える会ホームページ http://academicfreedomjp.wix.com/afjp
  (ご自身でHP等をお持ちの方は、積極的にリンクをしてください)

 ますは、ウェブ署名でこの声明への賛同者を募る活動をはじめました(5月末に第一次集約、7月半ばごろに第二次集約を予定)。ぜひ、多くの人たちに、この声明への賛同者になっていただきたいと、私たちは願っています(氏名を非公開にすることもできます)。大学教員、学生・院生の方々だけでなく、社会の広い分野の人たちにも賛同者になっていただければ、と思います。

 賛同署名は、上記のホームページに入っていただいて、そこで署名を行うことができます。よろしくお願いいたします。

 4月28日現在における,声明の呼びかけ人は次の通りです。

<呼びかけ人>(4月28日現在21人)
広田照幸日本大学・教育学・本会代表)、内田樹神戸女学院大学名誉教授・哲学)、佐藤学学習院大学・教育学)、本田由紀東京大学・教育社会学)、米田俊彦(お茶の水女子大学・教育史)、木村元(一橋大学・教育史)、加藤陽子東京大学・日本近代史)、樋口陽一東京大学名誉教授・憲法学)、池内了名古屋大学名誉教授・宇宙物理学)、石川健治東京大学憲法学)、毛利透(京都大学憲法学)、蟻川恒正(日本大学法科大学院憲法学中島岳志北海道大学・政治学)、山口二郎(法政大学・政治学)、杉田敦(法政大学・政治学)、川本隆史国際基督教大学・社会倫理学)、平川克美立教大学経営学)、石川康宏(神戸女学院大学・経済学)、平尾剛神戸親和女子大学・身体論)、森まゆみ(作家)、斎藤美奈子(文芸評論家)

メールでの問い合わせ先:academicfreedomjp+contact@gmail.com