読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルムの森だより

北海道大学教職員組合執行委員会ブログ

「殺し殺される国への道」に大転換しようとしながら、戦争のない国のためだと嘘を並べたてる手法に唖然とします

以下の情報が寄せられました

 

------------------------

御承知のとおり安倍内閣が、昨日午後の臨時閣議で「安全保障関連法案}を決定し、本日国会提出、アメリカで約束したとおり夏までの成立を目指すと報じられています。

柳沢協二氏(元官房副長官補)は、「今回の法整備の最大の狙いは、米軍に対する支援をどこでも、どんなことでもできるようにしようということだ。平時から有事まであらゆる場面で支援可能となり、米軍が損等を始めれば、自衛隊も切れ目なくそこへ入っていけるようになることを意味している(毎日新聞5/15)」として、「戦後平和失う恐れ」に警鐘を発しています。

       /////////////////////////////////////////////////////////
安部晋三首相(衆議院山口四区選出。ちなみに高村正彦自民党幹事長は衆議院山口一区選出)は、記者会見冒頭、
「70年前、二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないとの誓いを立てた」「この決意の下、本日、日本と世界の平和と安全を確かなものとするための平和安全法制を閣議決定した」とした上で「もはや一国のみでどの国も自国の安全を守ることはできない」と続け、中東等でのテロによる日本人犠牲者、北朝鮮のミサイル、国籍不明機への自衛隊機緊急発進等の「脅威」をあげ、そこからこの法案の必要性を熱弁したようです。

そして、
「日本を防衛するために力を尽くしてくれる米国が攻撃を受けても日本が何もしない、何もできないということでよいのか。人ごとではなく私たち自身の危機だ」とし、次に「「米国の戦争に巻き込まれることは絶対にない」「日米同盟が完全に機能することで抑止力はさらに高まり、日本が攻撃を受ける可能性は一層無くなる」「戦争法案という無責任なレッテル貼りは全くの誤り」「日本人のいのちと平和なくらしを間持つためにあらゆる事態を想定し、切れ目のない構えを備える」と・・・。

最後には
「私たち日本人の誰一人として戦争など望んでいない」「子供たちに平和な日本を引き継ぐために、自信を持って前に進もう」「日本と世界の平和のために、先頭に立って国民とともに新たな時代を切り開いていく覚悟だ」と結んだようです。
 
                                         /////////////////////////////////////////////

「”我が軍”自衛隊」が、いつでもどこでも、どんなことでもできるようにする法案を強行しようとしながら、それを戦争のない平和な日本のためだと・・。「殺し殺される国への道」に大転換しようとしながら、戦争のない国のためだと嘘を並べたてる手法に唖然としますし、正直恐ろしくおぞましいことです。